製薬会社向け”市販後調査業務⽀援”についてご紹介します。
ご依頼内容は、外資系製薬メーカーが販売している指定難病⽤治療薬の市販後調査となります。
市販後調査とは、治験により充分に安全性と有効性が担保された医薬品が市場に販売された後、その医薬品がより多くの患者様にも安全であるのか有効であるのかを確認する調査となります。
調査は様々な⼯程に渡っており、IFDは統計解析を担当しました。
収集されたデータを解析のために加⼯・整理が施されたのち、

  • SASによるデータハンドリングを駆使して解析⽤データの作成
  • SASによる統計解析⼿法(⽣存時間解析など)を駆使して解析

を業務⽀援しました。

事業内容へ戻る